二十四節気のご紹介 小満

小満 (しょうまん)

~5月20日から6月4日~

緑がいよいよ濃くなり、自然の生長の気に満ちる季節。紅花が咲き、麦が実り、時に走り梅雨も。 

・初候…蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)  5月21日~25日
・次候…紅花栄(べにばなさかう)  5月26日~30日
・末候…麦秋至(むぎのときいたる)  5月31日~6月4日

奈良町にぎわいの家・オリジナル二十四節気短歌

・小満の歌

小満の木々のかげ濃しそこに遊ぶ鹿の親子も人の親子も  喜夛隆子(歌人・ヤママユ)
 
緑の匂いに満ち、生きものの成長が著しい小満のころ、木々の緑も濃く、木陰も濃い、その緑の木陰に、鹿の親子が遊び、人の親子の姿もある。木陰の涼しさの中に、鹿も人も、親子で遊ぶ風景。自然の生長の熱気は、若い力に満ちた、子どものの姿にも重なる。奈良ならではの、鹿も人もと歌った、温かいまなざしに満ちたお歌です。