二十四節気のご紹介 白露

白露(はくろ)

~9月7日から9月21日~


露が降りて白く光って見える季節。夜の気温もぐっと下がり、朝、水滴がつくのを見れば
秋の実感も深まります。これから「赤」や「黄」の鮮やかな色に彩られる秋の先達に「白」い露はふさわしいですね。
・初候 草露白(くさのつゆしろし) 9/07~11
・次候 鶺鴒鳴(せきれいなく) 9/12~17
・末候 玄鳥去(つばめさる) 9/18~22

奈良町にぎわいの家・オリジナル二十四節気短歌

・白露の歌

しらつゆの降りし大地を踏みながら紫紺の茄子を五、六個とりぬ  喜夛隆子(歌人・ヤママユ編集委員)
朝の冷えた空気、露が降りた大地。潤いのある大地に、紺色がかった紫の茄子が実っている。初秋の茄子、秋茄子は、今が一番美味しい時期ですね。しらつゆの「白」、大地の土の色、茄子の「紫紺」、きりっとした白い空気の中に茄子の色が鮮やかにたちます。季節の旬の実りの感触と、初秋の朝の空気感に満ちた、清々しいお歌です。