二十四節気のご紹介 秋分

秋分(しゅうぶん)

~9月23日から10月7日~


節気と聞いてピンとこない方も、秋分の日は祝日ということもあって、よく知っておられると思います。お彼岸のお墓参り、おはぎを作るなど、目にみえる形で暮らしに残っている節気ですね。秋分は昼と夜の長さが、同じです。つまり、秋分を過ぎれば、日が短くなり、どんどん、冬になっていきます。彼岸花の赤に真っ白な月。秋の本格的な始まりに、美しい色が少しずつ際立つ季節です。
・初候 雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ) 9/23~9/27
・次候 蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ) 9/28~10/2
・末候 水始涸(みずはじめてかれる) 10/3~10/7

奈良町にぎわいの家・オリジナル二十四節気短歌

・秋分の歌

逝きし人とことば交はして行く道の畦にひとすぢ彼岸花炎ゆ  喜夛隆子(歌人・ヤママユ編集委員)
亡くなった人に語りかける。言葉をおくれば、いない人もまた答えてくれるような、そんな気持ちで田んぼの畦道を歩いている。畦にはひとすじの彼岸花。亡くなった人の命の形のように、もえている、秋分のころ。実際には答えてくれない声に、語りかける時間のはるけさと、彼岸花の真っ赤な生命力。此岸と彼岸をつなぐ、鮮やかなお歌です。