二十四節気のご紹介 立夏

立夏 (りっか)

~5月5日から5月20日~

木々の緑が美しい、暦の上での夏。田に水がはられ、蛙が鳴き、心地よい風に夏の気配を感じる季節 

・初候  蛙始鳴(かわずはじめてなく)  5月5日~9日
・次候 蚯蚓出(みみずいずる)  5月10日~15日
・末候 竹笋生(たけのこしょうず)  5月16日~20日

奈良町にぎわいの家・オリジナル二十四節気短歌

・立夏の歌

さみどりの斜面かぐはし一番茶摘みゆく人に立夏のひかり  喜夛隆子(歌人・ヤママユ)
 
奈良は大和茶の産地。唱歌「茶摘み」で、「夏も近づく八十八夜…」と歌われるように、八十八夜を過ぎ、季節はまさに茶摘みのころ。早緑の斜面、茶畑に新茶を摘む人の姿は、奈良の風物詩の一つです。その茶摘みの人たちが、立夏の初々しい夏の光のもとで作業をしている。五月の早緑と光、そこにお茶のにおいも感じられる、視覚、嗅覚が自然の中であらためて甦っていく、五感に優れたお歌です。