二十四節気のご紹介 立秋

立秋(りっしゅう)

~8月7日から8月22日~

秋が立つと書いて立秋。暦の上では秋ですが、実際は今が一番暑い時期。お盆過ぎには秋の空気、「涼風」が感じられるでしょうか?虫の声から秋がやってきます。

・初候 涼風至(すずかぜいたる) 8月7日~11日
・次候 寒蝉鳴(ひぐらしなく) 8月12日~16日
・末候 蒙霧升降(ふかききりまとう)8月17日~22日

奈良町にぎわいの家・オリジナル二十四節気短歌

・立秋の歌

驟雨過ぎし春日の森に法師蝉ひとつ鳴きいづ秋立つゆふべ  喜夛隆子(歌人・ヤママユ編集委員)
驟雨とはにわか雨のこと。驟雨、にわか雨が春日の森に降った後、法師蝉、ツクツクボウシが鳴きだした。暑い空気が、驟雨によってひんやりと秋の空気を運んできた、立秋の夕暮れ、にわか雨がもたらす秋を感じる空気感に、ツクツクボウシが夏の名残のように聞こえてきそうな、奈良の森の歌です。